武術史 PR

中国の秘密結社(青幫 洪門 天地會 白蓮教)

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

中国では、相互扶助の組織として、古くから、民間の秘密結社が結成されていました。

本日は、近代における中国武術を研究するにあたり、避けることができない事象である、
「中国の秘密結社」について解説します。

小日向白朗
日本人馬賊王 小日向白朗 ~小白竜 昭和を生きた激動の人生~小日向白朗は、「中国全土の馬賊」の総頭目にまで上り詰めた日本人馬賊です。本日は小日向白朗(こひなた はくろう)という人物について解説しま...

秘密結社とは

上海の市街上海の市街

秘密結社とは、秘密社会、秘密会社、地下社会ともいわれ、その活動内容がが外部に公開されず、構成員、活動内容が隠ぺいされたことを特徴とする組織です。秘密宗教がこれに含まれることもあります。

構成員は、結社の秘密を保持することを誓約し、結社に加入します。秘密結社構成員は、外部の非構成員から絶え間ない猜疑の対象となります。陰謀を行い、大きな権力と秘密信仰を行い、経済的自立、政治目標を掲げていました。

秘密結社の分類

上海の市街上海の市街

中国の歴史上、秘密結社は秘密党のような組織と宗教結社に分かれます。前者は結拜異姓兄弟的方式にて組織し、江湖の義気を以て、倫理と道徳観念にて内部団結を図り、後者は師と徒弟制度により組織を維持していました。

秘密結社の紹介

上海の市街上海の市街

中国の代表的な秘密結社について以下に紹介します。

青幫

青幫は中国の秘密結社の一つです。青幇(ちんぱん)または「清幇」略して「安清」「安慶」当初は「漕幇」と呼ばれていました。本来は、水運業を司るギルド職業ギルドでしたが、一部が中国の暗黒社会を代表する秘密結社となりました。

フランス租界、共同租界、漢人地区が混在し共存する上海に於いては、その一部は上海を支配していたとされます。アヘンを最大の資金源とし一時は中国全土の取引を支配していたため社会の暗黒面とされましたが、本来は相互救済、民族主義、漢民族再興、打倒清朝(満人)が最大の不変の目的でした。  代表的人物に、黄金栄、杜月笙、張嘯林 等がいます。

その他有名人物では、中華民国総統の蒋介石、南満地区の馬賊総攬把の小白竜(日本名小日向白朗)がいます。小日向白朗氏については以下の記事を参照願います。

小日向白朗
日本人馬賊王 小日向白朗 ~小白竜 昭和を生きた激動の人生~小日向白朗は、「中国全土の馬賊」の総頭目にまで上り詰めた日本人馬賊です。本日は小日向白朗(こひなた はくろう)という人物について解説しま...

洪門

洪門は中国明朝末期清朝初期に興った秘密結社であり、「反清復明」をスローガンを掲げる秘密結社です。洪門とはすべての反清組織を纏めた総称であり、対外的には「天地會」と称し、内部としては「洪門」と名乗っていました。

洪門の由来は、明太祖の年号が洪武であったこと、明の国姓が朱(紅色を意味する)であることから、または「漢」という文字からの「中」と「土」部分を除くと「洪」になるところから来ているとされていますが、はっきりしたことはわかっていません。

created by Rinker
講談社
¥1,034
(2024/02/21 01:44:31時点 Amazon調べ-詳細)

白蓮教(びゃくれんきょう)

白蓮教は南宋代から清代まで存在した宗教でしたが、弥勒下生を願う反体制集団へと変貌を遂げました。清朝中期、自称白蓮教徒達は四川、陝西、湖北省において武装反抗を行っていました。元代に、呪術的な信仰と共に、弥勒信仰が混入して変質し、革命思想が強くなり、何度も禁教令を受けています。

明の太祖朱元璋も当初は白蓮教徒でしたが、明の皇帝となると白蓮教を危険視し、これに弾圧を行いました。清代に入ったころには「白蓮教」という語彙は邪教としてのイメージが強く定着しており、清の行政府は信仰の内容に関わらず、取り締まるべき逸脱した民間宗教結社をまとめて白蓮教と呼んだと言われています。

台湾地区における秘密結社

上海の市街上海の市街

台湾地区では、第2次世界大戦後の政変で台湾に渡った移住者の中に、秘密結社の構成員が含まれているとされています。蒋介石もの青幫の高級幹部の一人であり、また浙江財閥、上海財閥の財力を背景とするという構造上、国民政府にも青幫の構成員が多数いるとされます。

現在は青幫という名称を使う組織はありませんが、安清会という名前で青幫の相互扶助機構が維持されています。

台湾地区では、戦後に国民政府とともに台湾地区に移住した大陸出身者は少数派のため、多数派の台湾本地人からの迫害からの防衛、利権確保、相互扶助を目的として、結束を固めていました。

大陸出身者と台湾本地系住民との衝突が発生した際にはそれぞれの後ろ盾として黒社会に仲裁を依頼したこともあったでしょう。秘密結社の構成員の中には後に黒社会に同化していった者、陸軍や海軍の幹部、政治家になった者、秘密結社の庇護のもと実業家に転身した者もいたと思われます。

まとめ

上海の市街上海の市街

中国の秘密結社の歴史、今日にわたるいきさつについては、明るみ出ていない部分が多く、謎に包まれています。ですが、中国の革命、政変に一役買ったことを示唆する証言もあります。また旧社会の習慣を強く引きずる構造をもち、国民政府を援助していた組織とも言われています。

あなたの友人や周りの同僚や知り合いの政治家や実業家にも秘密結社の構成員や秘密結社の関係者、秘密結社への資金提供者や擁護者がいるかもしれません。彼らにとって秘密結社は相互扶助と利権を守るためのユニオンなのです。

本日は中国の秘密結社について紹介しました。この記事が皆様の参考になれば幸いです。

中国武術史概説
中国武術史概説中国武術は現代の漢民族や回族などの中華民族が歴史と価値観の中で育んだ技術体系及び芸道です。本日は、中国武術の歴史の概説を解説します。 ...