中国武術

秘宗拳 ~敵を翻弄する歩法、迷蹤芸の拳~

秘宗拳

ジ・リー主演の映画「SPIRIT」(原題:霍元甲)でも有名になった秘宗拳。

意拳
意拳 ~套路を廃した最も新しい伝統門派~意拳は王向斉が形意拳などを基にして創始した拳種です。様々な武術を参考にし、それらを大成したことからまたの名を大成拳とも呼ばれています。今...

一見普通の北派長拳のようにも見える拳種です。今回はその秘宗拳にスポットをあて門派の歴史や特徴などを解説しようと思います。

秘宗拳とは

中国の街並み中国の街並み

秘宗拳は主として河北省などに伝わる武術です。別名としては、燕青拳、迷蹤芸(迷踪芸)という名で呼ばれることもあります。

迷蹤芸の名の由来は複雑な歩法を用いるところからです。また燕青拳の名の由来は水滸伝に登場する武人である燕青が創始した武術であるという伝説、または燕州(河北)と青州(山東)で普及していることから名づけられたともいわれています。

created by Rinker
¥5,640
(2023/09/22 04:58:53時点 Amazon調べ-詳細)

秘宗拳の歴史

中国の風景中国の風景

秘宗拳の歴史は明らかではありませんが、伝説によると秘宗拳(燕青拳)は水滸伝に登場する人物である燕青であるとも言われています。このように伝説上の人物や武侠小説上の人物、または過去の英雄を武術の開祖として奉ることは珍しいことではありません。

近代では、上海精武体育会の前身である西部体育学校の創設者の一人である霍元甲が伝えた迷蹤芸が知られています。

created by Rinker
¥3,070
(2023/09/21 06:25:22時点 Amazon調べ-詳細)

秘宗拳の特徴

中国の風景中国の風景

秘宗拳の特徴には以下のようなものが挙げられます。

猛虎の如く獰猛に打ち出し、打ち終わったときには羊のように穏やかになる。つまりリズムや勢の変化が多いことに特徴があります。また軽快で変化に優れ独特のリズムを持つことも特徴です。

秘宗拳は軽快なリズムを特徴とするほかに、複雑なステップワークに特徴があります。複雑な軌道を描く歩法や姿勢の変化をするため、迷蹤芸という別名がつけられています。秘宗拳は他の長拳系北派武術と同様に、跳躍技法や閃(素早く撤退する)、騰(跳びあがる)など大きな起伏動作を含んでおり、剛柔を相備え、リズミカルな風格を持っています。

また他の長拳系北派武術と共通しますが、打、踢の動作と摔、拿の動作が統合されています。

各地の秘宗拳

中国の風景中国の風景

秘宗拳は山東省や遼寧省、河北省など河北人や山東人の住む地域で伝承されていますが、煙台や山東半島からの移民が伝える大連の秘宗拳、河北省の滄州や天津市に伝わる秘宗拳では風格や動作が異なるようです。

秘宗拳として有名なものには、天津の霍元甲が紹介した霍家秘宗拳があります。霍元甲は上海の精武体育学校(のちの精武体育会)の発起人の一人となり、中国武術の普及に大きな貢献を果たしています。

秘宗拳の套路

中国の風景中国の風景

秘宗拳の拳套としては、集体拳、翻子手拳、挿捶拳、小帆車、大帆車、燕青架子、小五手拳、秘宗長拳、羅漢拳、小護掩、四路奔打などがあります。

秘宗拳は兵器の套路もそこそこ豊富です。秘宗単刀、四門刀、八方刀、燕青刀、双刀、単拐、子午棍、二郎棍、子午剣、双拐、単剣、青龍剣、秘宗大刀、棍法、小六合槍、大六合槍、秘宗大槍などがあります。対練は刀進槍、徒手奪刀、三節棍進槍、などがあります。

created by Rinker
¥11,276
(2023/09/21 20:58:50時点 Amazon調べ-詳細)

秘宗拳の代表的人物

中国の風景中国の風景

秘宗拳の代表的人物は以下の通りです。

霍元甲

霍元甲は清末に活躍した有名な愛国武術家です。天津の静海県の生まれ、で生家は鏢師を生業としていました。霍元甲は幼少のころは体が弱く、27歳までは故郷で生活していましたが、28歳には天津で荷役の仕事を始めました。

その後、農勁蓀が開いた薬局で働いた後1909年には農勁蓀が上海で開いた精武体操会(後の精武体育会)にて武術を伝授しました。孫文は霍元甲の武芸に感動し、精武体操会成立10周年において、「尚武精神」という自筆の額が送ったとされています。

霍元甲は自家の規則を破り、秘宗拳の絶技を広く公開したことから秘宗拳が中国全体に伝播するきっかけになりました。霍元甲は若くして亡くなりましたが、彼の死因は気功の副作用と持病によるもの、日本人による毒殺説など様々ことが言われています。

常松勝

常松勝は1945年に現在の遼寧省大連市にて警察官の家庭に生まれました。家族は1947年頃日本に引き上げましたが、幼い常松勝は現地の中国人に引き取られました。7歳で、養父の勧めにより趙風亭のもとで秘宗拳を学び始めました。

1978年に日中国交正常化により日本に帰国した常松勝は、当時日本における数少ない正当な中国北派武術の伝承者として秘宗拳や通背拳をはじめとした各種中国北派武術を紹介し、日中武術交流協会を立ち上げ、日本と中国の文化交流を推進しています。

created by Rinker
¥8,888
(2023/09/21 20:58:51時点 Amazon調べ-詳細)

秘宗拳のまとめ

今回は山東省、河北省、遼寧省などで普及している秘宗拳について解説しました。秘宗拳は他の門派によくあるように歴史上の人物や伝説上の人物による創始の逸話をもつ北方拳術の一つです。

秘宗拳は精武体操会により指導が行われたため上海地区でも普及し、日本や台湾地区でも一部の套路が伝承されています。複雑な軌道を描く套路の軌跡、起伏が激しく霊活な方法など、技術的にも特色があり、体力作りにも最適です。

日本でも秘宗拳の基本功や套路を伝承している武術教室が何系統かありますので興味のある方は探してみてください。

八歩螳螂拳
八歩螳螂拳 ~通背、八卦、形意の要素を取り入れた新しい螳螂拳~以前、このブログで螳螂拳の紹介させていただいたことがあります。 https://bubilog.com/?p=164 本日は...
関連記事